B squared

Bスクエアード ( 2019 )


This is the first store of the bakery cafe "B squared" located in Fukagawa, Koto-ku, Tokyo.

The store sign B² is an acronym of the operating company "Bread + Bean", to expresse a simple brand identity of “bakery cafe” as B squared. In recent years, the number of cafes with roasting equipment has increased in the area around Kiyosumi-Shirakawa and Monzen-Nakacho, but this becomes the first cafe in Japan which has both a bread factory and a roasting equipment.

The team has three professionals. A baker, barista and roaster. It was required to create a store where the craftsmen specialized in these specialties could feel lively.

Therefore, we thought that creating a shop that would allow each craftsman to work efficiently and create the atmosphere inside the shop itself would lead to expressing the brand identity. When you enter the store and look around, you can see the workplace of each specialist at a glance, not only the figure of a craftsman, but also professional tools such as espresso machine, grinder, roasting machine, coffee beans, piper, oven etc. We tried to display the professional attitude of craftsman by implementing such overlapping layers of equipments.

First of all, our priority was to create a comfortable kitchen space that could secure stable mass production of bread by arranging a bread factory, which is the lifeline of the store, in the back. Roasting machines must be kept at a certain distance due to its high temperature, so they are often placed in a separate area from the normal seating area. However, we placed it in the centre of the island type cafe counter to show its strong presence in a rational manner so that baristas and roasters can look around the store while working.

It is also essential that the bread and coffee look delicious, dimmable LED fluorescent lamps have been adopted to unify the warm colours. The line lighting is continuous from the seats to the back of the kitchen, giving a sense of depth. The cafe counter, which occupies a large area, uses achromatic black tiles so that the warm, unified warm space can be radiated.

The seats, counter, and kitchen are all flat floors with no steps, and the plan is to have the same line of sight no matter where you are without segmenting the space. By doing so,  it will make you feel like as if you are in a factory where you can taste freshly brewed coffee and freshly baked bread on-site.


︎see the essay “communication design”



東京都江東区深川の路面に位置するベーカリー・カフェ「B squared」の第1号店舗の設計である。

店舗サインのB2は、運営会社「Bread + Bean」の頭文字をとったものであり、「パンと豆」というシンプルなブランドアイデンティティをB squared(Bの2乗)として表現している。近年清澄白河や門前仲町の周辺エリアには焙煎設備を持ったカフェが増えてきているが、パン工場と焙煎設備の両方を備えたカフェはここが国内初であり、チャレンジングなプロジェクトとなった。

このチームには3人のプロフェッショナルがいる。パン職人、バリスタ、焙煎士である。ブランドの主役となるパンと豆(コーヒー)、そしてこれら専門分野に特化した職人たちの姿が生き生きと感じられるような店舗づくりを求められた。

そこで私たちは、それぞれの職人たちが効率的な作業ができ、かつその作業姿自体が店内の雰囲気をつくり出すようなお店にすることがブランドアイデンティティを表現することにつながると考えた。店舗に入って見渡した時にそれぞれの専門家たちの職場が一目で見渡せる。職人の姿だけでなくエスプレッソマシン・グラインダー・焙煎機・コーヒー豆・パイローラー・オーブンなど、彼らプロフェッショナルのこだわりの道具たちがレイヤーとなって重なり合って見えることで、仕事に対する姿勢が見えてくる、そんなゾーニングを意識した。

そのためにまず、店舗の生命線となるパン工場を奥にまとまめて配置し、パンの安定量産を確保できる快適な厨房空間を作ることを第一に考えた。焙煎機は、本体が高温になり一定の離隔距離をとらなければならない為、通常客席とは別エリアに配置することが多いが、あえて店舗中央に配置し、カウンターと一体となるよう配置した。そのためカフェカウンターは、中央に位置するアイランド型になっており、バリスタや焙煎士が作業をしながらも店内を見渡せる合理的な配置とした。

また、カフェの主役となるパンやコーヒーが美味しく見えることが最重要であるため、調光式のLED蛍光灯を採用し、暖色で統一した。ライン照明を客席から厨房の奥まで連続させることで奥行きを感じさせている。暖色で統一された暖かい空間が映えるよう、大きな面積を占めるカフェカウンターには無彩色の黒タイルを採用し、様々な反射が折り重なる効果を期待した。


客席、カウンター、厨房がすべて段差の無いフラットな床で、空間を分節することなくどこにいても同じ目線になるよう計画している。そうすることにより、各々の専門家達が各々のエリアで作業をしている中に客席が存在する空間構成となり、まるで工場内で淹れたてのコーヒーと焼きたてのパンを味わえる店舗となった。

熱いプロフェッショナルたちの個性が詰まった店舗となることを期待している。



︎論考:「コミュニケーションデザイン」はこちら